授乳中の下剤は危険です!便秘薬よりオリゴ糖!

授乳中の下剤は危険です!便秘薬よりオリゴ糖!

授乳中のお母さんは便秘解消に便秘薬や下剤・ダイエットティーなどに含まれるキャンドルブッシュ、センナを摂取するのは危険です!

 

便秘薬もお医者さんに処方されているものであれば良いと思いますが、市販の便秘薬を安易に使うのは怖いですね。市販されているものでも、もちろん安全なものもありますが・・。

 

下剤やダイエットティーに多いキャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル)・センナは特に危険だと考えられます。

 

 

 

これらの成分をお母さんが摂取すると、母乳を通して赤ちゃんの体にも入りますよね?

 

100%危険かというとわかりませんが「やめておくほうが良いでしょう」ということです。
(※当然なのですが、実際の体で実験されていないため)

 

キャンドルブッシュやセンナは下剤成分が含まれており、大人の体であればダイエットや便秘解消に良いと思います。ただ、少量でも赤ちゃんの体に入ってしまうと・・・。

 

赤ちゃんの体は敏感です。
守ってあげれるのはあなたしかいないので、気をつけてあげましょうね(^-^)

 

 

便秘薬・下剤を飲むよりオリゴ糖

授乳中でも便秘解消としてオススメできるのはオリゴ糖です。

 

他にも乳酸菌や抹茶などもあるのですが、これが一番良いと思います。

 

カイテキオリゴというものです!

 

私も知り合いの友達からすすめられて買ってみたのですが、満足しています(*^_^*)

 

もともとオリゴ糖は母乳の中の成分に含まれており、赤ちゃんの腸内を整えてくれる成分として重要なんです。

 

つまりすごく安全で安心な食品なんですね。

 

 

 

カイテキオリゴが便秘解消になる理由

 

なぜカイテキオリゴで便秘が解消できるのか?その理由をお伝えします☆

 

腸内にはビフィズス菌などの善玉菌・悪玉菌そして日和見菌というのが住みついています。

 

善玉菌が優位の時は、腸内の環境が良い環境で排便もきっちり出来ている状態です。
悪玉菌が優位の時は、町内の環境が悪く便秘になってしまったり下痢になってしまったりします。
日和見菌はその時の強い方に加担する菌です。

 

それぞれの割合は、2:1:7と日和見菌が実は圧倒的に多いのです。

 

善玉菌を優位な状況にさせることで腸内の環境が整って便秘解消できるんですね(^-^)

 

そして、オリゴ糖は善玉菌の大好物なんです!

 

 

あれ?でもオリゴ糖ってスーパーとかでも売ってるし、あれでいいんじゃないの?と思いますよね。

 

スーパーやドラッグストアで売られているオリゴ糖はシロップタイプで砂糖が7割オリゴ糖が3割程度しか含まれていないんです。

 

また、他にもオリゴ糖約100%というものもあるのですが、入っているオリゴ糖の種類が少なかったりするんです。

 

でもこのカイテキオリゴは独自のEOS(イオス)理論という配合で、約30種類以上いる善玉菌のそれぞれの好みに合ったオリゴ糖をうまく混ぜ合わせているんです。

 

このような感じです↓↓

 

 

最大限に効果のあるようにしてくれているんです。

 

 

カイテキオリゴ実際に使った感想は?

私が実際にカイテキオリゴを使ってみた感想は、期待していたより良かったです。

 

効き始めるのには個人差があるようですが、私はその日のうちにちゃんとスッキリできました。

 

 

薬ではなく、健康食品ですよ!びっくりです(笑)

 

その後はほぼ毎日5gを摂るようにしていますが、特に便秘だなと感じることはありません。

 

ほんと普通ってこんな感じなのかな?って思えますよ(^-^)

 

ただ、お値段もそこそこするので・・・最初は単品でお試しされるといいかもしれませんね☆